脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の症状等について

 脊柱管狭窄症とは、整形外科疾患の一つです。脊椎にある神経を囲んでいる脊柱管という管が、狭窄を起こしてしまうという疾患です。一般的には加齢によって起こる場合が多いです。しかし、椎間板ヘルニアや骨粗鬆症等になると、それらの疾患が原因となって引き起こされる場合もあります。

 

 脊柱管狭窄症の主な症状としては、体の様々な部分に起きる痺れや痛みというものがあります。疾患が起きている部分と連動している箇所に、自覚症状が現われるようになります。例えば、腰部に患部がある場合には、足に痺れや痛みが起こります。ちなみに足に痺れ等が起きている場合には、歩行を止めて安静にしていると痺れ等が和らぐという特徴があります。また、頸部に患部がある場合には、手や腕に痺れや痛みが起こります。
 他にも患部がどこにあるかは関係なく、脊柱管の中にある脊髄や神経根が圧迫される事によって、歩行困難や排尿・排便障害が出る場合もあるとされています。

脊柱管狭窄症の原因について

太ももや足に痺れや痛みがあったり、歩きにくくなったなどの症状がある場合、脊柱管狭窄症の疑いがありますね。
脊柱管狭窄症とは脊柱管という神経通っている部分が狭くなって、足などに痺れがおきてしまう症状なんです。

 

原因で多いものといえば、加齢による腰椎の変形や脊椎骨の老化ですね。
他には、腰に負担がかかるスポーツを長年やってたとか、腰に負担がかかるような仕事を長年やってた、ずっと長時間同じ姿勢をしている仕事を長年やってた、足腰の筋肉が低下してる、などがありますね。
後は元々腰に何らかのトラブルを抱えていて、椎間板ヘルニアが悪化したとか、すべり症が悪化したなども原因になりますね。

 

軽い下半身の痺れや痛みなら、自力でストレッチや適度な運動をすれば、改善するかもしれないけど、数分も歩けないとか、痛みや痺れがひどいという場合は、医師に相談するのが一番ですね。
適切な治療をしてくれるから、痛みや痺れが楽になりますよ。

脊柱管狭窄症の予防について

脊柱管狭窄症とは、脊柱管が狭くなるために中を通っている神経が圧迫されて起こる病気です。腰を反らせる状態や、立って腰が伸びた状態で痛みが強くなるため自転車に乗ったり、スーパーのカートを押したりする前かがみの状態でいると楽になるという特徴の他、歩行時にしばらくすると下肢の痺れや重さが発生し、歩行が困難になります。しかし、座ったり屈んだりする事をし休憩すると再び歩くことができるといった間欠跛行という状態が症状の一つです。
脊柱管狭窄症は加齢に伴う症状ですが、予防は可能です。長時間のドライバーやデスクワークの方など、同じ姿勢を長時間取る必要のある仕事の方などは一定の間隔でストレッチする事が効果的とされています。その他、水泳や体操なども全身運動で筋力アップとなります。
ただし、独学によるストレッチや体操は、逆に腰に負担をかけてしまう可能性もあります。正しいストレッチをし、無理をしない事が重要です。
その他、ウォーキングなどをし定期的に歩く事で足腰を鍛える事も大切です。